しかく広場

しかく広場

楽しく交流しながらカジュアルに手話を学べる場を開催しています。

しかく広場へ行ってみる

しかくタイムズで情報発信してみませんか?

あなたもしかくタイムズへ「イベント情報」や「お知らせ」を掲載してみませんか?

掲載依頼はこちらから

広告募集中

広告募集しています。詳しくはこちら

スタッフ募集中

現在、しかくのスタッフ募集中!
一緒にわいわい出来る熱い人を募集しています。

イベントEVENT

2021年10月31日〜11月7日 神奈川県 / 情報提供者: KAWASAKIアーツ 北村貴美子

KAWASAKIしんゆり映画祭2021バリアフリー上映ご案内

川崎市麻生区新百合ヶ丘で開催のKAWASAKIしんゆり映画祭」より『ラプソディ オブ colors』のバリアフリー日本語字幕付き上映をご案内します。

『ラプソディ オブ colors』 について
【上映日時】11月5日(金)12時45分 /11月7日(日) 13時30分
【会場】川崎市アートセンター・アルテリオ映像館
【料金】当日前売共1,100円(障がい者、付き添い1名まで)

〈作品解説〉
東京都大田区にある、小さな3階建ての民家。3階には知的障がいの青年「げんちゃん」が支援制度を使って一人暮らしをしている。2階にはカメラマンやヘルパーさんがシェアして暮らす。その1階にあるバリアフリー社会人サークルcolors(カラーズ)は、障がいがある人・ない人・グレーな人が集まってくる場である。毎月10本ものイベントが開かれ、のべ800人もの人が集る。大学教授の講義や落語、ただの飲み会。なかでもプロから愛好家まで誰もが同じステージに立つ、寅屋オープンマイクは毎回大賑わい。カラフルな参加者たち≪生≫(せい)がほとばしる。
監督は、2016年にドキュメンタリー「kapiw(カピウ)とapappo(アパッポ)~アイヌの姉妹の物語~」で民族の中の個人をみずみずしく描いた佐藤隆之(さとう たかゆき)監督。現役タクシードライバーをしながら、人々の悲喜交々を見てきた視点でカメラを回し、次々に起こる、いろいろな人のいろいろな事件を追ううちに、予定をはるかに超え、500日にわたって撮り続けた。問答無用、人間まるだしの狂騒曲。
〈作品情報〉
2020 年/日本/108 分 ドキュメンタリー
監督・脚本:佐藤隆之(さとうたかゆき)

〈KAWASAKIしんゆり映画祭スタッフからのオススメコメント〉
登場する方々がとにかく、”個性的”です。
劇中で「魔女」と称される、colors代表の石川(いしかわ)さん。地域福祉の立役者でありながら、自らを「マイノリティを食い物にするハエ」と毒づく中村(なかむら)さん。2人の元に集まるカラフルな人々には「助ける―助けられる」関係はありません。巷にあふれる「泣かせる展開」は完全否定、混沌の中に見えてくるものとは? 見逃した方はぜひ、この「場」の目撃者となってほしいです。一度ご覧になった方でも、2回目の鑑賞では、登場する人たちのまた別の面を発見すると思います。
〈上映後イベント〉
11月7日の上映後、佐藤隆之監督のトークイベント(30分程度)を予定しています。手話通訳・要約筆記のお申込みができます。

〈ご予約方法〉
【受付期間】10月16日(土) ~ 10月27日(水)まで
【電話受付時間】平日11:00 ~ 18:00
以下の項目についてメールかFAXで映画祭事務局までお知らせください。
①予約内容:日本語字幕付き上映作品②鑑賞希望日時・作品名 ③チケット希望枚数 ④氏名 ⑤住所 ⑥連絡先(FAX番号/メールアドレス)⑦手話通
訳・要約筆記の申込有無 ⑧介助者の有無
【予約連絡先】
NPO法人KAWASAKIアーツ・映画祭事務局
FAX:044-953-7685 (平日11:00~18:00)
メール:cinema-uma@siff.jp
※予約は川崎市アートセンターでは受け付けておりません。
【ご案内】
・ご予約のない場合は入場できない可能性があります。
・チケットは当日、上映20分前までに会場にてご精算ください。
・サービスは利用者とスタッフの相互感染予防に配慮して行います。ご協力をお願いします
・キャンセルの場合は映画祭事務局までご連絡ください。
【上映会場】
川崎市アートセンター   (住所:〒215‐0004 川崎市麻生区万福寺6‐7‐1)  小田急線新百合ケ丘駅北口徒歩3分