しかく広場

しかく広場

楽しく交流しながらカジュアルに手話を学べる場を開催しています。

しかく広場へ行ってみる

しかくタイムズで情報発信してみませんか?

あなたもしかくタイムズへ「イベント情報」や「お知らせ」を掲載してみませんか?

掲載依頼はこちらから

広告募集中

広告募集しています。詳しくはこちら

スタッフ募集中

現在、しかくのスタッフ募集中!
一緒にわいわい出来る熱い人を募集しています。

イベントEVENT

2021年10月9日 東京都 / 情報提供者: 大学共同利用機関法人人間文化研究機構

人文機構シンポ「江戸時代の台風コース復元と都市災害」

地球温暖化が進行するなか、極端な気象現象が頻発するようになった。2018年西日本豪雨、2019年台風19号、2020年球磨川氾濫などが、日本におけるその表れである。これらの気象現象により、 私たちは大きな被害を受けた。こうした問題に対応するには、防災の面でも、またより長いスパンでの未来への展望を考えるうえでも、過去の台風被害の様相と原因と前提条件を明らかにすることは必要である。
 折しも、気候学では江戸時代の台風コース復元が進んでいる。江戸の考古学研究も、近現代の地盤沈下や都市開発などで著しく変化してしまった江戸のなかの微地形を復元することができるようになった。こうした新知見を活用すると、古文書から判明する江戸の台風被害の様相も、よりよく理解できるようになる。
 今回は、気候学・考古学・文献史学という三つの異なる研究分野の融合により明らかにできた最新の研究を、1856年安政東日本台風を中心として、わかりやすく紹介したい。

【概要】
 タイトル  「江戸時代の台風コース復元と都市災害―気候学・考古学・文献史学の協同―」
 開催日時  2021 年 10 月 9 日(土)13:00~16:00
 主  催  大学共同利用機関法人 人間文化研究機構
 後  援  文部科学省
参加無料、手話通訳有、要事前申込(会場参加:定員 50 名)
※ライブ配信(手話通訳の同時配信あり)も行います(要事前申込・定員 300 名)
※緊急事態宣言下及びまん延防止等重点措置を実施すべき区域に指定された場合、会場参加を中止し、
 ライブ配信での参加情報をご案内いたします。予めご了承いだきますようお願い申し上げます。

【プログラム】
13:00-13:05 挨 拶 平川 南 (人間文化研究機構長)
13:05-13:20 趣旨説明 渡辺 浩一(国文学研究資料館 教授)
13:20-13:50 講演1 石神裕之(京都芸術大学 教授) 「発掘からわかる江戸の自然改造と都市空間」
13:50-14:00 小休憩 〔10 分〕
14:00-14:30 講演2 平野淳平(帝京大学文学部史学科 准教授) 「歴史気候資料による台風経路の復元」
14:30-15:00 講演3 渡辺 浩一(国文学研究資料館 教授) 「1856 年安政東日本台風の被害と江戸の対応」
15:00-15:10 小休憩 〔10 分〕
15:10-15:55 ディスカッション コーディネーター: 日髙 真吾(国立民族学博物館 教授) 講演者 3 名
15:55-16:00 閉会挨拶 永村 眞(人間文化研究機構理事)

【申込方法】
以下のリンク先の受付フォームにてお申し込みください。
https://sympo.adthree.net/nihu-sympo39/etr.html

【問い合わせ先】
 人間文化研究機構 本部事務局センター事務室 情報発信係
   〒105-0001 東京都港区虎ノ門 4-3-13 ヒューリック神谷町ビル 2F
   E-mail:cip-office☆nihu.jp(☆を@に替えてください)