しかくからのお知らせINFORMATION

お知らせ
2016/05/14しかく新聞が復旧しました。
2016/04/09掲載依頼の仕様を変更しました。
2016/04/09Facebookページへの情報掲載(イベント情報やお知らせ)が復旧しました。
2016/03/05しかく新聞が復旧しました。
しかく広場

しかくタイムズで情報発信してみませんか?

あなたもしかくタイムズへ「イベント情報」や「お知らせ」を掲載してみませんか?

掲載依頼はこちらから

広告募集中

広告募集しています。詳しくはこちら

スタッフ募集中

現在、しかくのスタッフ募集中!
一緒にわいわい出来る熱い人を募集しています。

お知らせNEWS

2018年3月12日 16:22:38 募集 / 情報提供者: ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ

ダイアログ・イン・サイレンス インタープリターを募集します!

ダイアログ・イン・サイレンスは、
音のない世界で言葉を超えた対話を楽しむエンタテインメントです。

体験を案内するのは、音声に頼らず対話をする達人、聴覚障害者のアテンドです。
参加者は、音を遮断するヘッドセットを装着。
静寂の世界で、集中力、観察力、表現力、そして解放感のある自由を体験します。そしてボディーランゲージなど、音や声を出さず、互いにコミュニケーションをとる方法を発見していきます。
体験の最後は、ヘッドセットを外して、皆で対話をします。

2017年、日本で初めてダイアログ・イン・サイレンスを開催し、とても大きな反響をいただきました。
体験者はコミュニケーションの豊かさ、多文化や多様性を受容することへの重要性に気づきを深めていただき、満足度の高い体験を提供することができました。
詳しくは、昨年イベントホームページをご覧ください。
https://www.dialogue-in-silence.jp/

様々な気づきや対話を提供する中心的な役割を担う「アテンド」、そして、音のない世界と音のある世界と架け橋となるスタッフ「サイレンス インタープリター」。

「サイレンス インタープリター」は手話を含む多様なコミュニケーションを用い、お客様とアテンドをつなぎ、新しい対話の場を生み出すための、大切な役割を担います。

ぜひ、サイレンス インタープリターとして活躍してみませんか。

なお、ダイアログ・イン・サイレンスに必要なあらゆる様々な技法は、研修にてしっかりとお伝えします。
ぜひ一緒にダイアログ・イン・サイレンスをお届けしましょう!

《サイレンス インタープリター募集要項》

【主な業務内容】
ダイアログ・イン・サイレンスを理解し、サイレンス体験イベントにおける「対話の部屋」での、聴覚障害のアテンドと参加者との手話等による対話支援業務、および受付業務他

【勤務日】
7月29日(日)~8月19日(日)
※10時30分~21時30分までのシフト制です。

【研修日】
4月22日(日)、5月19日(土)、6月2日(土)、6月23日(土)、7月21日(土)~7月28日(土)
※4月22日のみ午後、その他日程では全日(10~17時頃)を予定しています。

【締め切り】3月31日(土)

詳細は、http://www.dialogue-japan.org/dis_interpreter/ からご確認ください。

他の情報を探す


掲載記事募集中!

あなたも、しかく掲示板に「お知らせ」や「イベント情報」を載せてみませんか?
ろう者や聴覚障害、手話などに関する内容であればOKです。費用は一切かかりません!

掲載依頼はこちらのページから