しかくからのお知らせINFORMATION

お知らせ
2016/05/14しかく新聞が復旧しました。
2016/04/09掲載依頼の仕様を変更しました。
2016/04/09Facebookページへの情報掲載(イベント情報やお知らせ)が復旧しました。
2016/03/05しかく新聞が復旧しました。
しかく広場

しかくタイムズで情報発信してみませんか?

あなたもしかくタイムズへ「イベント情報」や「お知らせ」を掲載してみませんか?

掲載依頼はこちらから

広告募集中

広告募集しています。詳しくはこちら

スタッフ募集中

現在、しかくのスタッフ募集中!
一緒にわいわい出来る熱い人を募集しています。

お知らせNEWS

2016年7月16日 23:10:15 募集 / 情報提供者: 日本ASL協会

日本財団聴覚障害者海外奨学金事業 第13期留学奨学生募集

日本財団より助成を受け、
2004年度より聴覚障害者のための海外奨学金事業を行っており、
現在、今年度の留学奨学生を募集中です。
日本及びアジア諸国の聴覚障害児・者のために、信念をもってアメリカの大学等で学び、
帰国後にその留学経験を各分野に生かし、
活動してくださる熱意のある聴覚障害者を募集し、留学支援をします。

留学に関心のある方、また関心のある方をご存知の方、是非、サイトにアクセスください。
お待ちしています。

*留学奨学金説明会を、7月24日(日)午前10時30分、東京・飯田橋で開催。
 ミニ留学体験談は、山本彩乃10期生

---------------------------------------
「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業 第13期留学奨学生募集」

1.留学先
米国の聴覚障害者受け入れ体制の整っている機関又は団体

2.募集人員
若干名

3.留学形態および期間
・大学または大学院の学院取得を目指す留学…最長5年
・特別生(聴講生)や実習での留学…最長1年

4.応募資格
次に挙げるすべての項目を満たす者
①日本在住の聴覚障害者(身体障害者手帳所持)
②この事業の趣旨および目的を理解し、将来日本やアジアの社会や教育現場などの職場に貢献したいと志しがある
③満18才(高校卒業または応募時点で翌年3月に高校卒業見込みも可)以上、年齢の上限は特になし
④日常生活において日本の手話を使用している
⑤米国でアメリカ手話の習得の意思を持つ
⑥海外生活、留学に耐えられる体力かつ精神力があり、現地生活に適応でき、米国の入国条件を満たす
⑦留学目的、留学計画を自ら立案・作成し、それを実行できる

5、応募方法
①申込書(様式1)
②留学計画書/日本語(様式2)
③映像録画媒体(②を日本の手話で話し、録画したもの)
④返信用封筒

6、応募締切
9月3日(土)午後6時 当協会必着

*詳しい募集要項は、当協会ウェブサイトからダウンロードが出来ます。
http://www.npojass.org/archives/14571

問合先/申込先:NPO法人日本ASL協会(本事業実施団体)
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋3-3-11飯田橋ばんらいビル701
FAX:03-3264-8977
本事業専用Email:ryugaku@npojass.org
ウェブサイトhttp://www.npojass.org/
本事業「聴覚障害者留学ブログ」http://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/

他の情報を探す


掲載記事募集中!

あなたも、しかく掲示板に「お知らせ」や「イベント情報」を載せてみませんか?
ろう者や聴覚障害、手話などに関する内容であればOKです。費用は一切かかりません!

掲載依頼はこちらのページから