しかくからのお知らせINFORMATION

お知らせ
2016/05/14しかく新聞が復旧しました。
2016/04/09掲載依頼の仕様を変更しました。
2016/04/09Facebookページへの情報掲載(イベント情報やお知らせ)が復旧しました。
2016/03/05しかく新聞が復旧しました。
しかく広場

しかくタイムズで情報発信してみませんか?

あなたもしかくタイムズへ「イベント情報」や「お知らせ」を掲載してみませんか?

掲載依頼はこちらから

広告募集中

広告募集しています。詳しくはこちら

スタッフ募集中

現在、しかくのスタッフ募集中!
一緒にわいわい出来る熱い人を募集しています。

イベントEVENT

2015年7月12日 東京都

手話付き講座 「自殺の心理、遺族の心理」

グリサポせたがやの連続講座
(手話通訳・ノートテイクつき、参加費500円、保育は申込要)

第4回目の講師、張賢徳さんは日本で初めて「心理学的剖検調査」を行ない、自死遺族への詳細な聞き取りを通して、2006年に『人はなぜ自殺するのか』を出版されました。今回はこの調査に至るまでの経緯や、「遺族の語り」を聞かれた張賢徳さんが感じられたこと、そして、それから時間がたち新たに加わった知見などを含めてお話しいただきます。「死にたいほど辛い」と話せる社会や、それを受け止め対応できる社会とはどういった社会なのか、どのようにそういった社会を作ることができるのかを、みなさんとともに考える機会になればと思います。

日時:2015年7月12日(日)午後2時~4時(開場 1時半)
テーマ「自殺の心理、遺族の心理」
講師:張賢徳さん(帝京大学医学部附属溝口病院精神神経科教授)
会場:「生活工房」5Fセミナールーム 
世田谷区太子堂4-1-1キャロットタワー(三軒茶屋駅徒歩3分)
http://www.setagaya-ldc.net/access/
参加費:500円(手話通訳・ノートテイクつき)
お申込み・お問い合せ griefsetagaya@yahoo.co.jp
保育については下記をご覧ください。
http://sapoko.org/activity/#2-20150712

張賢徳さんのプロフィール:1965年大阪市生まれ。1991年東京大学医学部卒業、同年から帝京大学医学部にて研修医(麻酔科、精神科)、精神神経科学教室(風祭元主任教授)に入局。1997年ケンブリッジ大学精神医学博士号取得。1997年~1999年帝京大学市原病院精神科講師。1999年~2004年帝京大学溝口病院精神科科長・講師。2004年~2008年同科長・助教授。2008年~現在同科長・教授。学会活動:日本自殺予防学会常務理事・事務局長、日本外来精神医療学会常任理事、日本うつ病学会評議員、日本臨床死生学会理事、多文化間精神医学会評議員、日本精神衛生会「心と社会」編集委員長など。主著:「人はなぜ自殺するのか」(勉誠出版)、「うつ病新時代―その理解とトータルケアのために」(平凡社新書)、「自殺予防の基本戦略」(中山書店)。

お申し込み・お問い合せ グリーフサポートせたがや
Tel 03-6453-4925、Email griefsetagaya@yahoo.co.jp

主催:一般社団法人グリーフサポートせたがや
共催:世田谷区
この講座は世田谷区グリーフケアモデル事業により補助されています。

他の情報を探す


掲載記事募集中!

あなたも、しかく掲示板に「お知らせ」や「イベント情報」を載せてみませんか?
ろう者や聴覚障害、手話などに関する内容であればOKです。費用は一切かかりません!

掲載依頼はこちらのページから