しかくからのお知らせINFORMATION

お知らせ
2016/05/14しかく新聞が復旧しました。
2016/04/09掲載依頼の仕様を変更しました。
2016/04/09Facebookページへの情報掲載(イベント情報やお知らせ)が復旧しました。
2016/03/05しかく新聞が復旧しました。
しかく広場

しかくタイムズで情報発信してみませんか?

あなたもしかくタイムズへ「イベント情報」や「お知らせ」を掲載してみませんか?

掲載依頼はこちらから

広告募集中

広告募集しています。詳しくはこちら

スタッフ募集中

現在、しかくのスタッフ募集中!
一緒にわいわい出来る熱い人を募集しています。

イベントEVENT

2013年10月20日 東京都

手話通訳付講座10月20日「死別を経験した子どもによりそう」

★連続講座「哀しみに寄りそい ともに生きる」第2回目★
https://www.facebook.com/griefsupportsetagaya

グリーフサポートせたがや連続講座「哀しみに寄りそい ともに生きる」
第2回目「死別を経験した子どもによりそう~沈黙から『あのね』の間で」のお知らせです。

大切な人を失った子どもたちにどのように寄りそえるのか。
「子どもグリーフサポートステーション」の西田正弘さんの経験から学びます。たくさんの方にお越しいただけると嬉しいです。
(手話通訳/ノートテイクつき、参加費無料)

日時:2013年10月20日(日)14:00~16:00
第2回目「死別を経験した子どもによりそう~
    沈黙から『あのね』の間で」
講師:西田 正弘さん(子どもグリーフサポートステーション) 
http://www.cgss.jp/

西田正弘さんのプロフィール
交通遺児育英会およびあしなが育英会に勤務したのち、2000年から自死遺児のケアに取り組み、NPO法人自殺対策支援センターライフリンク立ち上げに関わる。2007年から2011年10月あしながレインボーハウスでチーフデイレクター。東日本大震災で親を亡くした子どものケアにも取り組み、2013年2月NPO法人子どもグリーフサポートステーション設立。

おもな著書『子どものグリーフを支えるワークブック 場づくりに向けて』『死別を経験した子どもによりそう~沈黙と「あのね」の間で』(梨の木舎)ほか

場所:世田谷区立総合福祉センター さくらぽーと
http://www.setagaya-sofuku.net/acs/index.htm
参加費:無料(手話通訳・ノートテイクつき)
定員:80人
申込み方法:griefsetagaya@yahoo.co.jpまで下記情報をメールでご連絡ください。
-- お名前/連絡先(メールアドレス)/所属(もしあれば)
-- 必要なサポートの有無(視覚障害、聴覚障害、身体障害などに伴う支援)など

主催:グリーフサポートせたがや
後援:世田谷区
協力:就労継続支援B型 ハーモニー
(東京ボランティア・市民活動センター ゆめ応援ファンド助成金援助を受けています)

他の情報を探す


掲載記事募集中!

あなたも、しかく掲示板に「お知らせ」や「イベント情報」を載せてみませんか?
ろう者や聴覚障害、手話などに関する内容であればOKです。費用は一切かかりません!

掲載依頼はこちらのページから