しかくからのお知らせINFORMATION

お知らせ
2016/05/14しかく新聞が復旧しました。
2016/04/09掲載依頼の仕様を変更しました。
2016/04/09Facebookページへの情報掲載(イベント情報やお知らせ)が復旧しました。
2016/03/05しかく新聞が復旧しました。
しかく広場

しかくタイムズで情報発信してみませんか?

あなたもしかくタイムズへ「イベント情報」や「お知らせ」を掲載してみませんか?

掲載依頼はこちらから

広告募集中

広告募集しています。詳しくはこちら

スタッフ募集中

現在、しかくのスタッフ募集中!
一緒にわいわい出来る熱い人を募集しています。

イベントEVENT

2017年4月22日 東京都 / 情報提供者: D PRO

D PRO 4月ろう者学セミナーのお知らせ

花冷えの候、皆様には風邪など召されずお過ごしでしょうか。
さて、4月セミナーでは『手話を言語というのなら』の編者の一人である佐々木倫子氏(もう一人は森壮也氏)をお越しいただき講演いただきます。
手話言語条例の制定が続き、手話言語法の制定が近づく今、改めて私たちろう者当事者が手話について今一度考えてみませんか。
佐々木倫子氏が多方面の視点での手話の言語についてお話しいただく予定でいますので、手話言語法の必要性、私たち当事者がどう気をつけていけばいいかを一緒に考えていけたらと思います。

日時:4月22日(土)18:30~20:30

場所:国立オリンピック記念青少年総合センター
センター棟402号室

参加費:1000円

内容:
佐々木倫子氏 『あなたと手話言語条例』
※ろう通訳がつきます。

各地で進行している手話言語条例制定の動きをおさえた上で、手話言語法制定の前にどんな課題があるかを皆で考えてはどうでしょうか。

講師プロフィール
佐々木倫子(ささき みちこ)「手話を言語というのなら」共編者
桜美林大学名誉教授・明晴学園日本語コーディネーター
国際基督教大学卒業・ 米国アメリカン大学大学院(M.A.)  

主要著書
『ろう者から見た「多文化共生」-もうひとつの言語マイノリティ―』(編著)ココ出版(2012)
『マイノリティの社会参加 ―障害者と多様なリテラシー―』(編著)くろしお出版(2014)
『手話を言語と言うのなら』(共編著)ひつじ書房(2016)

※『手話を言語と言うのなら』の書籍販売をします。(数に限りがあります)

申込先:http://kokucheese.com/event/index/461525/

締切:4月20日22時

D PRO

他の情報を探す


掲載記事募集中!

あなたも、しかく掲示板に「お知らせ」や「イベント情報」を載せてみませんか?
ろう者や聴覚障害、手話などに関する内容であればOKです。費用は一切かかりません!

掲載依頼はこちらのページから