世界初!手話に特化したコミュニティサイト

文字のサイズ

手話とは?ABOUT SIGN

手話とは?

手話は、手指動作と非手指動作(表情や目線、口の形など)を同時に使う視覚言語です。
Deaf(聴覚障害者)を中心に広く使われています。

※視覚言語の「視覚」はここのサイト名、「しかく」の名前の由来にもなっています。


手話は世界共通言語?

手話は世界共通ではなく、日本の「JSL」、アメリカの「ASL」、イギリスの「BSL」、フランスの「LSF」などのように、国によって異なります。

最近は国際手話「ISL」を世界共通語にしようという動きが見られますが、現在は「ASL」が根強く、なかなか浸透していません。

しかく手話では、基本的に日本の手話を扱っています。


日本の手話

日本の手話を大きくわけると、以下の三つがあります。

  • 日本手話(JSL)

    ろう者同士でうまれ、広がった手話。Japanese Sign Language。
  • 日本語対応手話

    日本語をベースにした手話。そのため、非手指表現があまり使われない。
  • 中間手話

    上記の二つの中間的な表現。

方言のように、地域によって異なる表現がみられることもあります。
(例・「名前」は東日本と西日本で異なる)


手話のメリット

  • ガラス窓ごしに会話ができる。

    電車のドアの窓ごしに、外の人と話したいときに
  • ダイビングなど、水中でも会話ができる。

  • 静かにしなければならない場所でも会話ができる。

    授業中の教室で
  • 声が出ないときでも会話ができる。

    風邪またはカラオケで歌い過ぎで声が出ないときや、失声症の方
  • 電話応対時に、他の人と会話が出来る。

    メモに筆談する代わりに
  • 遠くに離れていても会話ができる。

    道路ごしに

このように手話は、ろう者に限らず、聴者でも非常に便利に使える視覚言語でもあるのです。
ぜひ、みなさんも覚えてみませんか??


参考

手話 - Wikipedia