しかくからのお知らせINFORMATION

お知らせ
2016/05/14しかく新聞が復旧しました。
2016/04/09掲載依頼の仕様を変更しました。
2016/04/09Facebookページへの情報掲載(イベント情報やお知らせ)が復旧しました。
2016/03/05しかく新聞が復旧しました。
しかく広場

しかくタイムズで情報発信してみませんか?

あなたもしかくタイムズへ「イベント情報」や「お知らせ」を掲載してみませんか?

掲載依頼はこちらから

広告募集中

広告募集しています。詳しくはこちら

スタッフ募集中

現在、しかくのスタッフ募集中!
一緒にわいわい出来る熱い人を募集しています。

お知らせNEWS

2013年1月25日 14:07:44 プレスリリース

新刊案内 『障害と開発の実証分析-社会モデルの観点から』

新刊 森壮也・山形辰史著
   開発経済学の挑戦IV
   『開発経済学の挑戦IV 障害と開発の実証分析-社会モデルの観点から』
発行:勁草書房
ISBN 978-4-326-54603-9
出版年月 2013年1月
判型・ページ数 A5判・240ページ
定価 定価3,360円(本体価格3,200円)

障害の本質を障害者個人ではなく社会の枠組みの中に見出そうとする「障害の社会モデル」に開発経済学のツールで貢献しうるかを試みる。

本書の中心テーマは障害者の貧困削減である。そこで本書では、障害学の動向も踏まえつつ、障害者の貧困削減を実現するため、これまで障害学においては分析対象となりにくかった障害者の所得、消費、労働、起業、といった生計活動を経済学的に分析する。それにより、障害者の貧困削減のための戦略的含意を得ることを目的としている。

目次

序章 障害の社会モデルの実証分析

第1部

第1章 国際開発と障害
 はじめに
 第1節 開発課題としての障害
 第2節 国際社会に於ける「障害と開発」
 おわりに

第2章 障害データの国際比較
 はじめに
 第1節 障害の定義とデータ
 第2節 ICFに基づいた障害者データ
 おわりに

第3章 障害者のミクロ生計分析:サーベイ
 第1章 障害者のミクロ・データの分類
 第2章 全人口調査を用いた研究
 第3章 障害者標本調査を用いた研究 
 おわりに

第2部

第4章 障害者の生計:フィリピンの都市と農村
 はじめに
 第1節 マニラ首都圏,バタンガス州ロザリオ市での調査の方法
 第2節 マニラ首都圏の障害者の生計
 第3節 バタンガス州ロザリオ市の障害者の生計
 おわりに

第5節 障害者の生計:所得の決定因
 はじめに
 第1節 ミンサー回帰:基本モデル
 第2節 ヘックマン・モデル
 第3節 自律的所得と外生変数の拡大
 第4節 教育の内生性への配慮:内生説明変数を導入したヘックマン・モデル
 おわりに

第6節 障害者政策の効果:社会の役割
 はじめに
 第1節 分析枠組み
 第2節 障害者政策の浸透度:マニラ首都圏
 第3節 障害者政策の浸透度:バタンガス州ロザリオ市
 第4節 障害者政策浸透度の決定因
 おわりに

終章 障害と開発における実証分析から得られたもの

附録 マニラ首都圏調査質問票

[関連書籍]同シリーズに、戸堂康之『技術伝播と経済成長』、黒崎卓『貧困と
脆弱性の経済分析』、高橋基樹『開発と国家』

他の情報を探す


掲載記事募集中!

あなたも、しかく掲示板に「お知らせ」や「イベント情報」を載せてみませんか?
ろう者や聴覚障害、手話などに関する内容であればOKです。費用は一切かかりません!

掲載依頼はこちらのページから