しかくからのお知らせINFORMATION

お知らせ
2016/05/14しかく新聞が復旧しました。
2016/04/09掲載依頼の仕様を変更しました。
2016/04/09Facebookページへの情報掲載(イベント情報やお知らせ)が復旧しました。
2016/03/05しかく新聞が復旧しました。
しかく広場

しかくタイムズで情報発信してみませんか?

あなたもしかくタイムズへ「イベント情報」や「お知らせ」を掲載してみませんか?

掲載依頼はこちらから

広告募集中

広告募集しています。詳しくはこちら

スタッフ募集中

現在、しかくのスタッフ募集中!
一緒にわいわい出来る熱い人を募集しています。

イベントEVENT

2015年2月28日 東京都

手話付き講演 2月28日(土)「わたしも大事 あなたも大事」

2月28日(土)グリサポせたがやの講座「わたしも大事 あなたも大事」
(手話通訳・ノートテイク・保育つき)

第2回 「再会への序論―止まった時間を動かす」
講師:熊谷 晋一郎さん
(小児科医、東大先端科学技術研究センター特任講師)

 日時:2月28日(土)午後2時~4時(開場1時30分)
 場所:せたがや がやがや館 4F多目的室
     世田谷区池尻2-3-11(池尻大橋駅徒歩7分)
 参加費:500円(手話通訳・ノートテイクつき)
 保育:定員5名、要申込み

第2回目の講師は熊谷晋一郎さん。熊谷さんは「痛み」を分かち合い、共感を得ることによる癒しの可能性があること、そして「依存先の分散」こそが「自立」への道筋であると提起されています。今回は「再会への序論―止まった時間を動かす」というテーマで、グリーフを抱えて凍り付いた「いま」とどのように向き合うことができるのか、その可能性を探ります。

講師プロフィール
小児科医、東大先端科学技術研究センター特任講師。新生児仮死の後遺症で脳性まひに、以後車いす生活となる。小中高と普通学校で統合教育を経験。大学在学中は全国障害学生支援センターのスタッフとして、他の障害者とともに高等教育支援活動をおこなう。東京大学医学部卒業後、病院勤務等を経て、現在は東京大学先端科学技術研究センター特任講師、UTCP(東京大学グローバルCOE「共生のための国際哲学教育研究センター」)共同研究員。現在も週に2日、民間のクリニックに小児科医として勤務。『リハビリの夜』(医学書院)が、2010年新潮ドキュメント賞を受賞。その他の共著書に『発達障害当事者研究』(医学書院)、『つながりの作法同じでもなく違うでもなく』(NHK出版)、『ひとりで苦しまないための「痛みの哲学」』(青土社)等。

 [お問合せ・申込み先]
 グリーフサポートせたがや
 E-mail:griefsetagaya@yahoo.co.jp
 URL:http://sapoko.org/

主催:一般社団法人グリーフサポートせたがや
共催:世田谷区

他の情報を探す


掲載記事募集中!

あなたも、しかく掲示板に「お知らせ」や「イベント情報」を載せてみませんか?
ろう者や聴覚障害、手話などに関する内容であればOKです。費用は一切かかりません!

掲載依頼はこちらのページから