しかくからのお知らせINFORMATION

お知らせ
2016/05/14しかく新聞が復旧しました。
2016/04/09掲載依頼の仕様を変更しました。
2016/04/09Facebookページへの情報掲載(イベント情報やお知らせ)が復旧しました。
2016/03/05しかく新聞が復旧しました。
しかく広場

しかくタイムズで情報発信してみませんか?

あなたもしかくタイムズへ「イベント情報」や「お知らせ」を掲載してみませんか?

掲載依頼はこちらから

広告募集中

広告募集しています。詳しくはこちら

スタッフ募集中

現在、しかくのスタッフ募集中!
一緒にわいわい出来る熱い人を募集しています。

イベントEVENT

2015年1月24〜25日 東京都

映画「バンクーバーの朝日」バリアフリー上映のお知らせ

フジテレビ開局55周年記念作品の映画「バンクーバーの朝日」に、音声ガイドと日本語字幕がついたバリアフリー上映が全国で行われることになりました。
(配給・日本語字幕提供:東宝株式会社/音声ガイド提供:フジテレビジョン)

本作品は、映画「舟を編む」の石井裕也監督が、1914~41年、戦前のカナダで活躍し、2003年にカナダ野球殿堂入りを果たした日系移民の野球チーム「バンクーバー朝日」の実話を元にその栄光と奇跡の記録を映画化した作品です。

私どもはバリアフリー映画をスタンダードにするため、
聴覚や視覚に障害のある当事者と映画製作者団体が一緒になって立ち上げたNPO法人メディア・アクセス・サポートセンターです。
http://npo-masc.org/
今回のバリアフリー上映の上映サポートを行っております。

みなさま、ぜひご来場ください!

********************************
フジテレビ開局55周年記念作品映画「バンクーバーの朝日」バリアフリー上映のお知らせ!
*音声ガイド・日本語字幕付き

関東地区
東京
1月24日(土) 12時45分の回
品川プリンスシネマ
tel.03-5421-1113
fax.03-5421-7244


関西地区

大阪
1月25日(日) 時間未定
TOHOシネマズ梅田
tel.050-6868-5022
fax.06-6316-1359

神戸
1月24日(土) 12時30分の回
OSシネマズ神戸ハーバーランド
tel.078-360-3788
fax.078-360-3825

中部地区
名古屋
1月25日(日) 14時45分の回
ミッドランドスクエアシネマ
tel.052-527-8808
fax.052-527-8907

*上映時間、料金、アクセス等は劇場へお問い合わせください。
*上映時間は決まり次第以下のサイトにも情報がアップされます。
http://info.toho.co.jp/bf/

※ 音声ガイド付きで日本語字幕版を上映する形式となります。
※ 音声ガイドは、上映と同時進行でFM送信いたします。
※ イヤホン付きFMラジオをご持参いただきますと、88.5MHzでどなたでも音声ガイドをお聴きいただけます。
※ イヤホン付きFMラジオの貸し出しを劇場にて実施致しますが、数に限りがございますので予めご了承ください。

日本語字幕付きのみの上映に関しては下記サイトをご覧ください。
http://gekijyo.toho-movie.com/theater.php?no=235


作品情報
キャスト
レジー:妻夫木聡 ロイ:亀梨和也 ケイ:勝地涼 トム:上地雄輔 フランク:池松壮亮 笠原清二(レジーの父親):佐藤浩市 エミー(レジーの妹):高畑充希 笹谷トヨ子:宮﨑あおい ベティ(トムの妻):貫地谷しほり 和子(レジーの母):石田えり ほか
監督:石井裕也 『舟を編む』『ぼくたちの家族』

ストーリー:1900年代初頭、多くの日本人が一攫千金を夢見てカナダへと渡ったが、過酷な肉体労働や貧困、差別という厳しい現実に直面する。やがて日本人たちは日本人街をつくり、そこで肩を寄せ合うように暮らしていた。そんな中、一つの野球チーム「バンクーバー朝日」が生まれた。体格で上回る白人チームのパワープレーに歯が立たない“朝日”たち。しかし、バント、盗塁、ヒットエンドランといった小柄な日本人の特性を生かした戦術を徹底して磨くことにより、徐々に大柄な白人チームを負かし始める。“アリが巨象を倒す”痛快さとどんなラフプレーにも抗議しないひたむきな姿に、日本人たちだけでなく白人たちまでもが熱狂していく。ついにチャンピオンにまで登り詰めた彼らだったが・・・・・・。
http://www.vancouver-asahi.jp/
上映時間:133分
配給:東宝株式会社
音声ガイド
製作:フジテレビジョン
アドバイザリー:石井裕也
ナレーション:斉藤舞子(フジテレビアナウンサー)
協力:メディア・アクセス・サポートセンター(MASC)/Palabra株式会社

・音声ガイドアドバイザリーをして頂いた石井裕也監督からのコメント
どうすれば人々の心に届く映画が作れるのか、ということをいつも考えているわけですが、今回音声ガイドの制作に立ち会ったことで新しい視点を発見できたように思います。『バンクーバーの朝日』は観客の想像力に委ねられる映画です。それは目が視えていても視えていなくても同じです。たくさんの方々にこの映画を楽しんで頂きたいと思っています。

********************************

他の情報を探す


掲載記事募集中!

あなたも、しかく掲示板に「お知らせ」や「イベント情報」を載せてみませんか?
ろう者や聴覚障害、手話などに関する内容であればOKです。費用は一切かかりません!

掲載依頼はこちらのページから