しかくからのお知らせINFORMATION

お知らせ
2016/05/14しかく新聞が復旧しました。
2016/04/09掲載依頼の仕様を変更しました。
2016/04/09Facebookページへの情報掲載(イベント情報やお知らせ)が復旧しました。
2016/03/05しかく新聞が復旧しました。
しかく広場

しかくタイムズで情報発信してみませんか?

あなたもしかくタイムズへ「イベント情報」や「お知らせ」を掲載してみませんか?

掲載依頼はこちらから

広告募集中

広告募集しています。詳しくはこちら

スタッフ募集中

現在、しかくのスタッフ募集中!
一緒にわいわい出来る熱い人を募集しています。

イベントEVENT

2015年1月10日 東京都

【明晴学園】学生ワークショップ「ろう者学」

【明晴学園】1月学生ワークショップ
「ろう通訳とは? ~同じ言語を通訳する意義~」

1月の学生ワークショップのご案内です。
今回は、日本でも少しずつ認識されてきている「ろう手話」の普及活動をしておられる野口岳史氏をお迎えし、「ろう通訳とは?~同じ言語を通訳する意義~」の講義をしていただきます。
「手話通訳」はよく知られていますが、「ろう通訳」については日本にはまだなじみがなく、聞いたことがない方も多いかと思います。
「ろう通訳」というものはろう者が通訳するというものです。例えば、音声による講演の場面を想定してみましょう。手話通訳(聴者)が聴衆席で聞き取り通訳(フィーダー)をし、壇上にいる手話通訳(ろう者)がそれを読み取り、ろう者そのものの手話や話し方に直して、聴衆に向けた通訳をします。そのため、ろう者にとって、聴者の手話通訳よりも大変分かりやすい通訳となります。
今回の講義では、日本手話から日本手話へ、なぜ同じ言語を通訳することにどんな意味があるのか、「ろう通訳」の意義などを詳しくお話しいただきます。

■日程
【第5回】1月10日(土)13:00~15:30
 「ろう通訳 ~同じ言語を通訳する意義~ 」

■時間
13:00~15:30(12:45~受付開始)

■申込締切
1月5日(月)

■場所
明晴学園
JR品川駅または大井町駅から都バス「八潮パークタウン行」、品川総合福祉センター前で下車、徒歩2分
〒140-0003 東京都品川区八潮5-2-1
・駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用ください。

■参加対象者
ろう・難聴の中学生・高校生・大学生・専門学校生

■参加費
無料

■申込方法
明晴学園ホームページの案内チラシをプリントアウトし、申込用紙にご記入の上、FAXしてください。
またホームページからのお申し込みもできます。
http://www.meiseigakuen.ed.jp/deafstudy/index.html

■お問い合わせ先
その他不明点などがございましたら、明晴学園へお問い合わせください。
FAX:03-6380-6751
TEL:03-6380-6775

他の情報を探す


掲載記事募集中!

あなたも、しかく掲示板に「お知らせ」や「イベント情報」を載せてみませんか?
ろう者や聴覚障害、手話などに関する内容であればOKです。費用は一切かかりません!

掲載依頼はこちらのページから