しかく広場

しかく広場

日本手話で楽しく交流できます。

しかく広場へ行ってみる

しかくタイムズで情報発信してみませんか?

あなたもしかくタイムズへ「イベント情報」や「お知らせ」を掲載してみませんか?

掲載依頼はこちらから

広告募集中

広告募集しています。詳しくはこちら

スタッフ募集中

現在、しかくのスタッフ募集中!
一緒にわいわい出来る熱い人を募集しています。

イベントEVENT

「かわるかたち」 ギャラリートーク※手話通訳付き

東京都渋谷公園通りギャラリーでは、アール・ブリュット2022巡回展「かわるかたち」いろいろな素材、さまざまな表現 関連イベントとして学芸員によるギャラリートークを開催します。

■日時
[1]7月22日(金曜日) 18:00~18:30
[2]9月3日 (土曜日) 14:00~14:30
[3]9月17日(土曜日) 14:00~14:30
■会場:東京都渋谷公園通りギャラリー 展示室1,2
■参加費:無料
■定員:各回10名(先着順、事前申込不要)
■備考
・開始時間10分前より受付いたします。(集合場所:展示室受付)
・各回 手話通訳付き

※会場では新型コロナウイルス感染拡大防止のため、対策を講じています。※
・マスクの着用、手洗いや手指消毒に御協力ください。
・風邪症状がある方、検温により37.5℃以上の方のご入館はお断りいたします。

■展覧会について■
「かたち」という言葉は、姿や形状、図柄などのほか、ものごとの様子や状態を表す時にもつかわれ、〈形〉〈容〉〈象〉〈貌〉などの漢字で書き表されるように、多様な意味合いをもっています。本展で紹介するのは、この「かたち」という言葉のように、印象の異なる様々な表現です。繰り返し描かれるシンプルで力強いかたちや、繊細なドローイングの線などに見られるモチーフの捉え方などには、作家それぞれに特徴があり、どれも独創的です。作品の造形的な面白さと、創作のプロセスにおけるストーリー、なにを描くのか、なぜその素材でつくるのかには、つくり手の日常と深い関わりがあるのも見どころのひとつと言えそうです。色鉛筆やカラーペン、布、糸、チラシといった身近な素材が日頃とは異なる表情をもつ驚きは、技法を超えたところにある表現の多様さを感じさせてくれるとともに、創作と日常とが切り離せないものであることにも改めて気づかせてくれます。作品をとおして、つくり手たちの創作を希求する姿を見つめ、その痕跡を味わう時、わたしたちは自らの心の中に、どのような新しいかたちを発見することができるでしょうか。