しかく広場

しかく広場

楽しく交流しながらカジュアルに手話を学べる場を開催しています。

しかく広場へ行ってみる

しかくタイムズで情報発信してみませんか?

あなたもしかくタイムズへ「イベント情報」や「お知らせ」を掲載してみませんか?

掲載依頼はこちらから

広告募集中

広告募集しています。詳しくはこちら

スタッフ募集中

現在、しかくのスタッフ募集中!
一緒にわいわい出来る熱い人を募集しています。

イベントEVENT

2021年11月27〜28日 WEB / 情報提供者: 「時の海-東北」実行委員会

「時の海-東北」LEDタイム設定オンラインワークショップ!

東日本大震災の鎮魂と記憶の継承を願って、現代美術家・宮島達男が様々な人々と共につくっていく参加型アートプロジェクト「時の海-東北」プロジェクトでは、これまで東北各地にて作品制作のLEDのタイム設定ワークショップを行ってきました。
昨年からの新型コロナウイルス感染症の影響もあり、東北に通い、人々と交流しながらワークショップを行うことが難しい状況が続いています。それでも少しずつ本プロジェクトも前進していこうと、今年3月11日に初めて開催したオンラインワークショップに続いて、今秋10月〜12月にオンラインワークショップを開催します。

さらに今回は、ワークショップへの新たな参加の入口を拓いていくために、手話通訳付きの実施日(11/27、11/28)を設けます。東北への想い、一人ひとりの命への想いなど、全国各地、さまざまな方と対話しながら、じっくりと大切なあの人へ想いを巡らせてみませんか?

▼詳しくはこちら
https://seaoftime.org/2021/09/24/2021onlinews/

▼「時の海-東北」タイム設定とは?
現代美術家・宮島達男が作品で使う、時を刻むLEDガジェットのカウントする数字のスピードを、参加者の希望する時間(0.2秒〜120秒まで)で設定し、その数字にまつわるエピソードを宮島達男や参加者と共有する対話型のワークショップです。
LEDの数字は、「1〜9」あるいは「9〜1」とカウントし、「0」は表示せずに暗くなり、その動きを繰り返します。この数字の瞬きは、生命の永続性を象徴しています。

▼今、ここから未来を誓う。東北に想いを寄せる人々と、あの時、あの人に想いを馳せること|宮島達男インタビューをnoteで公開中!
「時の海-東北」プロジェクトでは、新たにnoteをスタート。宮島が、2014年頃のプロジェクトの構想のきっかけを思い起こしながら、2027年の実現に向けての展望を語ったインタビュー記事がnoteで公開中です。
https://note.com/seaoftime_tohoku/n/ne078b9f6bd0c

-----------------------------------------------------------------
【開催概要】
■開催日時
2021年 10月 24日(日)19:30〜21:00(終了しました)
2021年 11月 27日(土)19:30〜21:00 ★手話通訳付き
2021年 11月 28日(日)19:30〜21:00 ★手話通訳付き
2021年 12月 11日(土)19:30〜21:00
※申込締切は、各実施日の3日前24:00まで。ただし、定員に達した場合は締切日までに募集を締め切らせていただきます。

■開催方法:オンライン ※参加者には事前にURL情報をお伝えいたします。

■定員:20〜30名程度(先着順)

■参加費:無料(通信費はご負担ください)

■申込方法:以下の「時の海-東北」ウェブページよりお申し込みください。
https://seaoftime.org/2021/09/24/2021onlinews/
※お預かりした個人情報は、事務局にて厳重に管理し、本事業の運営およびご案内のみに使用いたします。

■お問合せ先
contact@seaoftime.org
「時の海-東北」実行委員会
https://seaoftime.org/