しかく広場

しかく広場

楽しく交流しながらカジュアルに手話を学べる場を開催しています。

しかく広場へ行ってみる

しかくタイムズで情報発信してみませんか?

あなたもしかくタイムズへ「イベント情報」や「お知らせ」を掲載してみませんか?

掲載依頼はこちらから

広告募集中

広告募集しています。詳しくはこちら

スタッフ募集中

現在、しかくのスタッフ募集中!
一緒にわいわい出来る熱い人を募集しています。

イベントEVENT

2021年11月21日 埼玉県 / 情報提供者: 埼玉県立川の博物館 若目田

人形劇「一寸法師」

開催日:2021年11月21日(日) 11:00~ 13:30~
出演:デフ・パペットシアター・ひとみ
観覧料:無料(但し、入館料がかかります)
定員:各回40名(事前申込制)
内容:障害者ウィークイベントとして、手話を交えた人形劇を上演いたします。
演じるのは、日本で唯一のろう者(耳の聞こえない人)と聴者(聞こえる人)が一緒に演じているプロの人形劇団、デフ・パペットシアター・ひとみの皆さんです。

【デフ・パペットシアター・ひとみってどんな劇団?】
“きこえないひと”と“きこえるひと”が一緒につくりあげてゆく日本でたった一つの人形劇団です。劇では、「見て楽しめる、感じられる」を決めごとに、セリフだけに頼るのではなく、パントマイムや音楽、そして手話をまじえた人形劇が演じられます。

【どんな人形劇?:手話と語りによる人形芝居】
一すん(今でいうと約3センチ)しかない小さな男の子「一寸法師(いっすんぼうし)」は、みんなから馬鹿にされ、のけものにされていましたが、冒険の旅に出て、鬼を退治して、お姫様と結婚することになりました。この一寸法師のお話を、昔からの「語り物」の調子にのせて、大道芸や「からくり舞台」を織りまぜて展開します。
一寸法師のお話の後は、出演者と観てくれたお客様との交流の時間です。
劇中のいろいろな人形たちや生演奏で使ったたくさんの楽器、三十二段返し舞台について紹介したり、簡単な手話のクイズがあります。
一寸法師の人形のような宙返りに「ぴょんとこうさぎ」人形を使ってチャレンジするコーナーや、実際に楽器に触れる時間もありますよ!
★唯一の人形劇をこの機会にぜひご覧ください(^^♪
その他:障碍者手帳をお持ちの方は、入館料などが免除となります。
新型コロナウィルスの影響により予告なくイベントの変更・中止があります。ご了承ください。