しかく広場

しかく広場

楽しく交流しながらカジュアルに手話を学べる場を開催しています。

しかく広場へ行ってみる

しかくタイムズで情報発信してみませんか?

あなたもしかくタイムズへ「イベント情報」や「お知らせ」を掲載してみませんか?

掲載依頼はこちらから

広告募集中

広告募集しています。詳しくはこちら

スタッフ募集中

現在、しかくのスタッフ募集中!
一緒にわいわい出来る熱い人を募集しています。

イベントEVENT

2021年10月17日 神奈川県 / 情報提供者: KUNKUN

「においの話」ユニバーサルワークショップ ゲスト:本橋仁

においの話 -Story of Smell-
ユニバーサル・オンラインワークショップ
日程: 2021年10月17日(日)
時間:14時〜17時
ゲスト:本橋仁(京都国立近代美術館学芸員)
対象:見えない人、見える人、聞こえない人、聞こえる人
年齢:12歳以上
モデレーター:井上尚子(アーティスト)
ゲスト:本橋仁(京都国立近代美術館)
参加者:15名
参加費:2000円
参加申し込み:専用グーグルフォームより
https://forms.gle/WawC4FejNxJD8Vtz7
参加結果:メールにてお知らせいたします。当選者には詳細をお伝えいたします。
申し込み締め切り:抽選締め切り10月1日
オリジナルツール: KampoLifeDesign:末次真緒(漢方薬剤師)と井上尚子のコラボレーション茶として、オリジナル薬善茶を制作。この薬善茶、プログラム冊子、ゲストからのワークショップアイテムを参加者には事前に郵送いたします。プログラム当日に活用します。
使用ツール:zoom、家の中の匂うもの *ネット環境を整えてご参加ください。
記録:ホームページ  https://smell-conversation.jimdofree.com
問い合せ:inouehisako2@gmail.com (担当:井上)
スタッフ:3名、手話通訳士2名、UDトーク字幕サポート3名
主催:「においの話」ユニバーサルプログラム実行委員会
協力助成:公益財団法人 小笠原敏晶記念財団


プログラム
コンセプト
においを語る。
においの記憶を語る。

自分の記憶が言葉になる瞬間
他者が想像する共鳴や違和感

決して共有できぬ、においのバトンが
物語として継承されます

きっと、あなたの記憶が誰かの心に届き、
新たな言葉、物語を未来につないでいくでしょう。

ぜひ、あなたの記憶を記録させてください。

2020年に始まった「においの話」オンライン・ワークショップは、今年でシーズン#2を迎えました。パンデミックの収束が見えぬまま1年半が経過し、私たち人間は、社会的動物として、様々な可能性に望みをかけ、新たなコミュニケーション、時間、距離感の変化を工夫しながら未来に邁進しています。本プログラムでは、空間を隔てた画面越しのコミュニケーションに可能性を見出し、距離を越えた出会いと物理的に共有できない”におい”へ、個々の想像力をマックスに働かせます。それぞれの感覚で共に語らい、想いを伝え合う時間は、空間共有した対面距離では味わえない優しい時間が流れます。それは、「家」というプライベート空間が緊張感を解きほぐし、個性創生を担う目に見えぬ時空の蓄積が、より深い対話へと導くからかもしれません。

今だからこそ気がつけること、自分の家の中にある気がついていない存在、自分自身にフォーカスを向け、「においの記憶」から精神的・身体的変化を未来にアーカイブして参ります。ともに気づき築く時間を楽しみにしております。
2021年9月 Hisako Inoue