しかくからのお知らせINFORMATION

お知らせ
2016/05/14しかく新聞が復旧しました。
2016/04/09掲載依頼の仕様を変更しました。
2016/04/09Facebookページへの情報掲載(イベント情報やお知らせ)が復旧しました。
2016/03/05しかく新聞が復旧しました。
しかく広場

しかくタイムズで情報発信してみませんか?

あなたもしかくタイムズへ「イベント情報」や「お知らせ」を掲載してみませんか?

掲載依頼はこちらから

広告募集中

広告募集しています。詳しくはこちら

スタッフ募集中

現在、しかくのスタッフ募集中!
一緒にわいわい出来る熱い人を募集しています。

イベントEVENT

2012年9月12日 東京都

ダイバシティヴィム分科会「Inclusive Design」

下記の分科会は、手話通訳が手配されています。

第2回 視覚障害者の文化を学ぶ会

「Inclusive Design~私たちの未来を創造する新機軸~」

日時: 平成24年9月12日(水) 19:00~21:00

場所:港区立 白金台いきいきプラザ 2階集会室C
    (東京都港区白金台4-8-5 白金台駅 1番出口 徒歩1分)

講師: 松村道生氏
   (株式会社インクルーシブデザイン・ソリューションズ 取締役
   名古屋商科大学大学院 戦略経営研究所 研究員)

内容: ご自身が生来の視覚障害者である松村氏は、大学在学中から
特定非営利活動法人 ダイアログ・イン・ザ・ダーク・ジャパン(DID)に関わり、
以後12年にわたり副代表を務めました。

また、DIDの活動の傍ら、企業の商品開発や
蝕地図作成、Web系エンジニアとしてデータベースの
システム設計などのコンサルティング等、多方面で積極的に活動。

そして2012年2月、株式会社インクルーシブデザイン・ソリューションズの
取締役に就任し、商品・サービスの開発に関する
ワークショップや企業研修など、精力的に活動されています。

今回は松村道生氏をお招きし、インクルーシブデザインについてお話頂きます。

「インクルーシブデザインとは」
高齢者や障害者などが持つ“独自の視点やニーズ”をデザインや
設計の段階から積極的にインクルードし、
商品やサービスを提供する手法。


この分科会は当日17時までの事前申込制であり、参加料1,000円で,
手話通訳が手配されています。

(office_vim@livedoor.com)か、もしくは(vim_since1882@i.softbank.jp)に

ご参加お申し込みを頂く必要があります。

(返信をもって予約完了となります。返信なしにご来場を頂いても入場できません)

◆「視覚障害者の文化を学ぶ会」とは◆

例えば点字、或いはコミニュケーションの方法手段、或いは盲導犬との信頼関係、

或いは生活様式など、「障害は文化である」という視点から、「視覚障害者の文化」を学ぼうとする、

ダイバシティヴィムの視覚障害分科会です。

郵送:東京都港区南青山2-11-13 南青山ビル4階 オフィスヴィム主幹 南間哲
http://banqueroute.cocolog-nifty.com/avenir/

他の情報を探す


掲載記事募集中!

あなたも、しかく掲示板に「お知らせ」や「イベント情報」を載せてみませんか?
ろう者や聴覚障害、手話などに関する内容であればOKです。費用は一切かかりません!

掲載依頼はこちらのページから