しかくからのお知らせINFORMATION

お知らせ
2016/05/14しかく新聞が復旧しました。
2016/04/09掲載依頼の仕様を変更しました。
2016/04/09Facebookページへの情報掲載(イベント情報やお知らせ)が復旧しました。
2016/03/05しかく新聞が復旧しました。
しかく広場

しかくタイムズで情報発信してみませんか?

あなたもしかくタイムズへ「イベント情報」や「お知らせ」を掲載してみませんか?

掲載依頼はこちらから

広告募集中

広告募集しています。詳しくはこちら

スタッフ募集中

現在、しかくのスタッフ募集中!
一緒にわいわい出来る熱い人を募集しています。

イベントEVENT

2012年7月26日 東京都

2012年アジア経済研究所夏期公開講座コース

アジア経済研究所では,この夏,夏期公開講座の中で『障害と開発』に関わるコースを設けます。ぜひ皆様,お誘い合わせておいで下さい。

コース5 南アジアの障害当事者と障害者政策

南アジア地域の障害当事者運動と政府の諸政策との関わりの分析を通じて、当事者運動がどのような意味を持っていたのか、また開発途上国の開発過程への彼らの参加にあたって、どのような課題があるのかを明らかにします。

開催日時 2012年7月26日 (木曜) 10時30分~16時30分

会場
ジェトロ東京本部 5階 ABCD会議室
東京都港区赤坂1-12-32アーク森ビル5階

プログラム

1 10:30-12:00 森 壮也
(開発研究センター貧困削減・社会開発研究グループ長代理)
「インドの障害当事者運動:ふたつのろう者の運動」
インドの障害当事者運動の実例としてろう者の運動をとりあげます。2つのタイプの運動が存在することを明らかにし,それらが生まれた背景と開発政策との関わりを考えます。

2 13:15-14:45 小林 昌之
(開発研究センター主任調査研究員)
「ネパールの障害当事者運動と権利擁護:公益訴訟をとおした発展」
ネパールでは権利救済手段として公益訴訟制度が活用されています。講義では、障害当事者運動において公益訴訟が果たした役割と課題について、最高裁判決を紹介しながら考察します。

3 15:00-16:30 井上 恭子
(前大東文化大学教授) 「新しい時代を迎えたネパールの障害者・障害者団体と障害者政策」
障害当事者・障害者団体の活動には政府の障害者政策が大きく影響します。障害当事者・障害者団体と政府の障害者政策さらに政治との関係を、ネパールを例に検討します。

使用言語
日本語   *手話通訳がつきます。
主催
ジェトロ・アジア経済研究所
参加費
(1コースあたり)
一般:4,000円

ネット上からもお申し込み頂けます。

http://www.ide.go.jp/Japanese/Event/Seminar/2012summer/120726.html

他の情報を探す


掲載記事募集中!

あなたも、しかく掲示板に「お知らせ」や「イベント情報」を載せてみませんか?
ろう者や聴覚障害、手話などに関する内容であればOKです。費用は一切かかりません!

掲載依頼はこちらのページから