しかくからのお知らせINFORMATION

お知らせ
2016/05/14しかく新聞が復旧しました。
2016/04/09掲載依頼の仕様を変更しました。
2016/04/09Facebookページへの情報掲載(イベント情報やお知らせ)が復旧しました。
2016/03/05しかく新聞が復旧しました。
しかく広場

しかくタイムズで情報発信してみませんか?

あなたもしかくタイムズへ「イベント情報」や「お知らせ」を掲載してみませんか?

掲載依頼はこちらから

広告募集中

広告募集しています。詳しくはこちら

スタッフ募集中

現在、しかくのスタッフ募集中!
一緒にわいわい出来る熱い人を募集しています。

イベントEVENT

2012年6月20日 東京都

ダイバシティヴィム視覚障害分科会

下記の分科会は、手話通訳を手配させて頂けることになりました。

どうぞ宜しくお願い致します。

第1回 視覚障害分科会

「一杯のカクテルのように
~様々な人たちの “持てる力”や “想い”が混ざり合い~」

日時: 平成24年6月20日(水) 19:00~21:00

場所: 港区商工会館(東京都港区海岸1-7-8 東京産業貿易会館6階)

講師: 伊敷政英氏
    (Webアクセシビリティコンサルティング Cocktailz 代表)

内容: 先天性角膜混濁により、ご自身も生まれつき視覚障害者である伊敷氏は、

    大学時代から

    「視覚障害者の友人たちが、問題なく情報を得られるWebサイトはどのようなものか?」

    という問題意識を持ち、独学でプログラムを学びながら模索を始めました。

    そして大学卒業後、総務省主催の、高齢者・障がい者などが利用しやすい

    ホームページの普及に向けた支援システムの「実証実験」に個人として参加した後、

    IT系コンサルティング企業でWebアクセシビリティの仕事に携わります。

    そういった経験を経て2010年8月に「Cocktailz」を設立。

    それ以来、Webアクセシビリティコンサルタントとしてご活躍されています。

    今回は伊敷政英氏をお招きし、お話をお伺い致します。

この分科会は当日15時までの事前申込制であり、参加料1,000円で,

手話通訳が手配されています。

(office_vim@livedoor.com)か、もしくは(vim_since1882@i.softbank.jp)に

ご参加お申し込みを頂く必要があります。

(返信をもって予約完了となります。返信なしにご来場を頂いても入場できません)

◆「視覚障害者の文化を学ぶ会」とは◆

例えば点字、或いはコミニュケーションの方法手段、或いは盲導犬との信頼関係、

或いは生活様式など、「障害は文化である」という視点から、「視覚障害者の文化」を学ぼうとする、

ダイバシティヴィムの視覚障害分科会です。

郵送:東京都港区南青山2-11-13 南青山ビル4階 オフィスヴィム主幹 南間哲


http://banqueroute.cocolog-nifty.com/avenir/

他の情報を探す


掲載記事募集中!

あなたも、しかく掲示板に「お知らせ」や「イベント情報」を載せてみませんか?
ろう者や聴覚障害、手話などに関する内容であればOKです。費用は一切かかりません!

掲載依頼はこちらのページから