しかくからのお知らせINFORMATION

お知らせ
2016/05/14しかく新聞が復旧しました。
2016/04/09掲載依頼の仕様を変更しました。
2016/04/09Facebookページへの情報掲載(イベント情報やお知らせ)が復旧しました。
2016/03/05しかく新聞が復旧しました。
しかく広場

しかくタイムズで情報発信してみませんか?

あなたもしかくタイムズへ「イベント情報」や「お知らせ」を掲載してみませんか?

掲載依頼はこちらから

広告募集中

広告募集しています。詳しくはこちら

スタッフ募集中

現在、しかくのスタッフ募集中!
一緒にわいわい出来る熱い人を募集しています。

イベントEVENT

お出かけ支援講座

お出かけ支援講座 
~文化施設でのアクセシビリティを考え、実践する~


”きこえない・きこえづらい” ”みえない・みえづらい” 方と対面した際に「どう対応すれば良いのか分からなかった」そういった経験をお持ちではないですか?
障害者差別解消法の施行や2020年オリンピック・パラリンピック開催などに向けて、障害者が文化施設に安心して来場できる環境作り ”アクセシビリティ” の必要性が高まってきています。
本講座では視覚・聴覚障害当事者から、障害とはどういったことなのか・どのような対応をするとバリアが解消されるかを学び、アクセシビリティの向上を目指します。
また、迎える側の準備が整ったとき、どこに情報を発信すれば当事者に伝えることが出来るのかも紹介していきます。



●視覚障害者お迎え編
 講師:美月めぐみ
 日時:2017年11月4日(土)
 レクチャー10:00~12:30 
 ワークショップ13:30~16:00

●聴覚障害者お迎え編 
 講師:廣川麻子 
 日時:2017年11月11日(土)
 レクチャー10:00~12:30 
 ワークショップ13:30~16:00


講座スケジュール(両日とも)

◇レクチャー:10:00~12:30
障害当事者自ら、障害によって感じていること、障害の程度による違い、またどういったバリアが存在しているのかを説明し、「すぐ出来ること」「知識が必要なこと」「プロの助けが必要なこと」の各段階に分け、どのようなサポートが可能で、その際どういったコスト・人手が掛かるのかを交えながら学びます。

<休憩>

◇ワークショップ:13:30~16:00
レクチャーを元に参加者で障害者をお迎えするシミュレーションを行い、サポートのテクニックを習得していきます。
希望者には実習(11月中を予定)も行います。


参加費(各日)
 ・レクチャー + ワークショップ 1,500円(定員20名)
  レクチャーのみ受講 1,000円(定員70名)

※視覚障害者お迎え編・聴覚障害者お迎え編それぞれに申込み・参加費が必要です 


対象者
 ・アクセシビリティの知識の必要性を感じている方
 ・文化施設の職員
 ・公演・展示などの窓口に立たれる方

会場 あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)3F 会議室B
   豊島区東池袋4-5-2

申込方法 あうるすぽっとホームページ( http://www.owlspot.jp/workshop/171111_detail.html )該当講座の「お申込みフォーム」よりお申込みください(先着順、定員に達し次第締め切り。)
※受講にあたり、手話通訳及びUD トークによる文字支援をご希望の方は、その旨を明記の上、お申込みください。

○主催:あうるすぽっと(公益財団法人としま未来文化財団)、豊島区
○協力:シアター・アクセシビリティ・ネットワーク、演劇結社ばっかりばっかり
○助成:平成29年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業、一般財団法人地域創造

他の情報を探す


掲載記事募集中!

あなたも、しかく掲示板に「お知らせ」や「イベント情報」を載せてみませんか?
ろう者や聴覚障害、手話などに関する内容であればOKです。費用は一切かかりません!

掲載依頼はこちらのページから